[TakaQ Top] [管理用]

TakaQ 〜 教職教職 @ Q1


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 11707人中9197人正解 (正答率78.5%)

心身障害教育に関する記述として適切でないものは,次の1〜5のうちのどれか。

  1. 通級による指導では,各教科等の授業は通常の学級で受け,障害の改善・克服に必要な指導は,特別の指導の場で受ける。
  2. 障害のある児童・生徒の指導に当たっては,一人一人の障害の状態や学習の進度等を考慮して,個別指導よりも集団による一斉型の指導を重視する必要がある。
  3. 就学指導においては,保護者に対して就学に関する的確な情報を伝え,理解と納得が得られる相談を行う必要がある。
  4. 交流教育は,障害のある児童・生徒と,通常の学級の児童・生徒や地域の人々とが学校教育の一環として活動を共にすることである。
  5. 心身障害教育においては,障害のある児童・生徒が自己のもつ能力や可能性を最大限に伸ばし,自立し社会参加できるようにすることが大切である。