[TakaQ Top] [管理用]

TakaQ 〜 ■ ■ ■ 教職教養 C ■ ■ ■ Q1


Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 6954人中4531人正解 (正答率65.1%)

教育課程審議会答申「児童生徒の学習と教育課程の実施状況の評価の在り方について」(2000(平成12)年12月)の概要について,誤っているものを選べ。

  1. 観点別学習状況の評価を各教科の基本に据え,その観点は「関心・意欲・態度」「思考・判断」「技能・表現」「社交性・協調性」の4観点を基本としている。
  2. 学習指導要領に示す目標に照らしてその実現状況を見る「目標に準拠した評価(いわゆる絶対評価)」を一層重視する。
  3. 観点別学習を取り入れ,思考力,判断力,表現力や自ら学ぶ意欲,態度なども視野に入れ,適切に評価できるものにすることが必要である。
  4. 総合的に児童生徒の成長の状況をとらえることができるよう所見欄等を統合し,「総合所見及び指導上参考となる諸事項」欄を新設する。
  5. 授業における評価は,その目的や対象により内容,方法,分析が異なり,個人別処方を工夫すること。